基礎化粧品にすごくお金をかけなくてもきれいな肌でいる方法

美肌を作るために基礎化粧品(スキンケア商品)は必要です。
でも、化粧水に乳液、保湿クリーム、アイクリーム、パック…商品はたくさんありますし、価格も安いものから高いものまでメーカーも豊富に用意しています。

その中で、自分にピッタリのスキンケアグッズが見つかればよいですが、体調や季節の変動でゆらぐ肌にあわせるのは一苦労ですよね。

化粧品にすごくお金も時間も労力もかけなくても、きれいな肌を作る方法があるとしたら、やってみたいですよね。

今回は、そんな方法の一部を紹介します。

おなかの調子を整える

便秘をすると老廃物が体に溜まってしまうので、お肌にも悪影響が出ます。
ニキビや赤み、パサつきなど、顔にもサインが出てしまうのです。

なるべく便秘の人はお腹を温めて、リラックスする時間をとって、湯船につかったときに腸のマッサージをしましょう。
暴飲暴食も避けたいところですので、食べ過ぎ飲み過ぎの次の食事は控えめにするなど胃腸に負担をかけないように意識しましょう。
体内環境が整っていれば、自然と美肌はつくられていきます。

睡眠時間をしっかりとる

夜の10時から深夜2時の4時間がお肌のゴールデンタイムと言われていましたが、最近では入眠後3〜4時間だと言われています。

※成長ホルモンが分泌されやすい時間帯をゴールデンタイムといいます。

その時間帯に睡眠がとれていると、お肌の調子がよいことが多いです。
ですので、睡眠は深くしっかりとって成長ホルモンの分泌を阻害しないようにしましょう。
睡眠が浅くて数時間で目が覚めてしまう人は、良質な睡眠がとれていません。
その分だけ成長ホルモンの分泌量は少なくなってしまいます。

シンデレラタイムを回らずに寝ることもよく眠るためにはおすすめですが、休日などにはいつも睡眠時間が少ない分たくさん寝る、などの工夫をしてみましょう。

紫外線対策をする

lady-summer-sea01

紫外線でお肌にダメージを受けると、回復に時間がかかります。
ここ数年、日本に降り注ぐ紫外線量は増えているので、こまめに日焼け止めクリームを塗る、帽子をかぶる、など紫外線を浴びすぎないよう気をつけましょう。

外でのお仕事がメインの女性は、室内でお仕事をする女性に比べて紫外線をより多く浴びています。
帽子やサングラスができないときは、日焼け止めクリームで対策を…。
車の運転時にはロングの手袋もよいですが、長袖のはおれる服があると便利です。

まずは、手持ちのものを中心に…お金や時間、労力をかけずに美肌を作る方法のご紹介でした。

LINEで送る
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

satomi

Natural Beauty MAX代表。 外面と内面の美しさを追求しつつ、女性の自立と自由なライフスタイルの確立を目指しています。. Follow him on Twitter / Facebook.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です