旬の巨大な国産完熟ブルーベリーを食す【門前おくでらブルーベリー園】

ブルーベリーの旬は7月です。

そんな摘みたてブルーベリーを岩手県遠野の門前おくでらブルーベリー園さんから4種類も送っていただきました。

大きさがスーパーで買う外国産のブルーベリーと比べると、「本当にブルーベリー!?」っていうくらい大きい。
これが標準サイズなのだから驚きです。

ブルーベリー 大きさ
500円玉なのに……こんなにブルーベリーが大きいなんて。
ブルーベリーって大きく育つのですねぇ〜。

大きな国産ブルーベリー、どうやって食べよう?

やっぱり、生ブルーベリーで届いたからには、はじめは生でしょ!
ということで4種類を食べ比べてみました(^^)

<4種類のブルーベリーの品種名はこの4つ!>

  • ブルーレイ
  • ブルーチップ
  • ブルークロップ
  • シエラ

ブルーベリー 門前おくでら

4種類ものブルーベリーを食べ比べるのは初めてで、見た目は違いが判らないのですが、味はたしかに違いましたよ!
つたないながら、4種のブルーベリーの感想をちょこっと書かせていただきます。

1種目:ブルーレイ

ブルーベリー ブルーレイ

ブルーレイという名前の旬なブルーベリー。
blue-rayじゃないのよね…(^^;

生ブルーベリー

爽やかで青リンゴのような味でした。
そのままで十分おいしいブルーベリーです。

2種目:ブルーチップ

ブルーベリー ブルーチップ

ブルーベリー ブルーチップ

いつものブルーベリーのお味、という感じでなじみがあります。
ブルーレイと比べると、完熟に近いお味です。

3種目:ブルークロップ

ブルーベリー ブルークロップ

ブルークロップ

ちょっと酸味があって若い感じのブルーべりです。
お菓子作りの時に使いたいですね。クリームチーズとかも合いそう。

4種目:シエラ

ブルーベリー シエラ

ブルーベリー シエラ

シエラは甘い~。
酸味もありますが、この甘さはそのままでパクパク食べちゃいます。

というわけで、生で食べ比べているうちにおかわりをし始め、残りが少なくなっていく…(笑)。

ジャムにも使えると書いてあったのですが、ジャムにはもったいなくてできませんでした。

今回の4品種は、北部ハイブッシュという種類に属した寒冷地向きの品種とのこと。
関東地方では育てるのが難しいそうです。

場所によってよく育つ品種があるんですね。
4種ともとても美味しかったです。

今年はブルーベリーの出荷が大変だったそうです

門前おくでらブルーベリー園の店主奥寺さんのFacebookを見ると、今年は完熟で摘む時期に雨がたくさん降ったり、その前は雨が少なかったりと、いろいろご苦労が多かったようです。

食べるだけの消費者には見えてこない、作りての苦労。
Facebookを通して情報を配信してくださっているので、そういった背景も見ながらいただくブルーベリーはまた格別です。

雨にも負けず、完熟になって収穫を待ったブルーベリーたち。
それをいただけたことが非常にありがたかったです(^-^)

水分量が多いかもというお話もあったのですが、実際食べてみるとみずみずしくてフレッシュで、近所のスーパーなんか目じゃありません(スーパーに卸しているアメリカの農家さんに怒られちゃうかも?)。

国産の完熟ブルーベリーだから、というよりも奥寺さんの農園で愛情をたっぷり注がれたブルーベリーだから、なのでしょうね。

今年は数がたくさん出せないようなのですが、機会があればぜひ食べてみてください(^o^)/

販売者情報

門前おくでらブルーベリー園

Facebook 門前おくでらブルーベリー園

LINEで送る
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

satomi

Natural Beauty MAX代表。 外面と内面の美しさを追求しつつ、女性の自立と自由なライフスタイルの確立を目指しています。. Follow him on Twitter / Facebook.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です